true colors
- beautiful, like a rainbow -
menu
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

2011-11-30(水)

しあわせな夢

カテゴリー: - BlueMoon @ 22:17:40

今朝みた夢。

テレビ局か放送局か、そんな感じのする建物の中のカフェテリアのような場所。
その一角を利用して撮影のための打ち合わせが行われている。

もちろん中心にいて撮影されているのは大好きなあの人。
忙しくて疲れてるんだろうに、笑顔で指示に対して頷いている。

自分は少し離れたところからそれをみていて、撮影隊の後ろの方にいるアシスタントっぽい
若い男の子がやけに顔色悪いなーなんて思ってる。

打ち合わせが終わって、みんなが休憩ってことで一時解散したところで、片付けをしていた
あの顔色の悪い男の子にあの人がさりげなく近寄って行って、「大丈夫?顔色悪いけど。」
とこそっと話しかけているのがみえた。
男の子はちょっとびっくりしたみたいだったけど、すぐににこっとして「ありがとうございます、
大丈夫です」と言ったようだった。

あんなに後ろの方にいたスタッフもちゃんと見ていて気にかけているなんてあの人らしいなと思う。

そのあとこちらに戻ってきて、この休憩中にごはんたべちゃおうといって、近くのカウンターで
みんなおいしそうだなあなんていいながらチキンとたまごのサンドイッチを注文したあと
振り返って「ホットでいい?」と聞いてくれる。
うなずくとホットコーヒーを自分の分と2つたのんで、「ooさんにもだね」という。
聞き返すと「ooさん、下で作業してるんでしょ?」という彼女。あとで差し入れしようということらしい。

そういえばこの人、ブラックコーヒー飲んで大丈夫なのかなあとなんとなく思う。

彼女がきている服はペパーミントグリーンでうすいやわらかそうな生地。
襟と袖の部分に白のレースがついている。
すごく似合っていてかわいい。

サンドイッチをたべながら周りの人と今度ワンピース作ってみたいなーとか
にこにこと話す彼女を見ていたら、しあわせで涙が出そうになった。

というところで目が覚めた。いい夢だった。


2011-11-20(日)

読書メモ_わたしを離さないで

カテゴリー: - BlueMoon @ 02:26:50

いま一冊の本を読み終えた。
読み終えるまでに随分と時間がかかった。

それと同時にこの本はいまが読む時期だったのだなと思った。

この本を最初に知ったのはおそらくハードカバーで出版された時で
その装丁に惹きつけられた。新宿の本屋だったと思う。

でもハードカバーの本は買わないことにしているので、ちょっと迷ったが
買わずにいた。しばらくしたら文庫化されるだろうから、それからでも
いいとも思っていた。

そしてそのことは忘れていたのだが、何年かして文庫化されたときに
また出会った。表紙を見てすぐに思い出した。
同時に、装丁が変わっていなくてよかったと思った。
今度こそ買って帰った。

それでも読んでいない本が山積みになっている日常でしばらく読まないまま
放置されていた。

昨年末にだいぶ本を整理したとき、発掘されたので読もうと思って
手前の方に置いていたのだが、今年になって病院に通うことになり
何気なく手前にあったこの本を手にとって持っていった。

その時は内容を知らなかったのでしばらく読んでいたが、話が進むに連れ
病院でしかも自分が治療を受けている状態で、読み進めるのが辛くなった。
それで途中でやめて、またしばらく放置していた。

最近になって読みかけだったことを思い出して、また読み始めた。
それで、さっき読み終えた。

病院に通っていた時も、最終的には命に関わるようなレベルではなかったが
最初は原因もわからず癌の可能性もありと言われていたし、それまでも検診で
細胞検査まで行ったこともあり、身内も癌で亡くしているのでそれなりに考えた。
そんな時にこの本の内容は重すぎた。

逆に考えると、この本を読んでいて現実に引き戻されるのを恐れたのかもしれない。

いまはもう治療もすっかり終わっているので、普通に読むことができた。
そして、つらつらと考えたことを書いている。

その時になってみないと本当のことはわからないが、もし自分が臓器提供を受けたら
長生きできると言われても、おそらくやらないだろう。
ちなみに臓器提供に反対なわけではない。臓器提供者として登録もしている。

ただ、自分はそうまでして生きたいと思わないだろう。
そんなことを考えた。

もし自分が提供者だったら。感情のスイッチを切り、淡々とやってくるものを
受け入れていくのだろう。そんな自分が想像できる。

この作者の淡々とした文章は好きだ。映画化されたらしいが、見るつもりはない。
表紙のカセットテープは読み終わった後でみると、やはりこの作品を象徴するもので
この表紙は変えられないだろうと思う。

またもう少し人生を先に進んだら、読み返してもいいかもしれない。

夜に本を読み終わったテンションで書いているのでまったくまとまりも何もないが
こんなことを考えた、ということで書き記しておく。

カズオ・イシグロ
早川書房
発売日:2008-08-22

2011-11-14(月)

新しい練習方法

カテゴリー: - BlueMoon @ 21:50:43

ここのところ(といってもまだ1週間だけどw)早寝早起き朝練生活をしている。

なんでそんなことをやっているかというと、これは偶然発見した「夜寝る前に
ギターを弾いてそのまま寝て朝起きるとギターが上手くなっている」という
新しい練習方法なのである。

なんじゃそりゃー!ですが、上手くなったんですよ、たぶん。

この練習方法のポイントは、ギターを弾き終わってから寝るまでの間に何もしないこと。
ガジェットで遊んだりしてはいけません。ゲームもダメ。本を読むのもダメ。
そして酒を飲んでいるとダメ。

極端な話、ベッドに座ってギター弾いて、終わってそのままギター置いて
ふとんに潜るぐらいじゃないと。

そして弾いていた曲のことを考えながら寝る。

これだけで、朝起きるとなんとびっくりギターが上手くなっている(笑

よく考えてみると、昔から寝る前に見たものが夢に出やすくて
特に映画とかニュースとかでみた映像に影響されることが多い。

なので、ニュースはテレビでは見ないし、ホラー映画とか
ぜったいぜったいみません。

で、そこから逆に考えると、寝る前にインプットした情報を
睡眠学習してるんだな。

そういえば一夜漬けは寝ると定着するので、徹夜より寝た方がいいとか
言うけど、きっと脳が寝てる間に整理して定着してくれてるんだね。

そして朝練。まず朝起きてなーんも考えないまま、シリアルを食べる。

あ、べつに何を食べてもいいんだけど、この時にいろいろと考えちゃうと
よろしくないっぽい。んで、前日に用意しておくか、用意の必要がない
シリアルなんかを食べるのがいいかと。
ええ、すいません、ただ単に自分がシリアル好きなだけです。
ちなみに食べないとそれはそれで、頭がいまいち起きてくれないっぽい。

そんでコーヒー飲んで、ギターを弾く。

そうすると、寝る前に弾いてたところで一時停止されていたかのように
時間がリンクする。で、引っかかっていたところがするっと弾けたりする。
マジかよ!!デスヨ。

しかも朝は仕事に行かなくちゃいけないから時間が限られてて
ちゃっちゃとやらないとあっちゅーまにタイムアウトになっちゃうので
ものすごい集中してるっぽい。あらかじめ遅刻しないようにセットしてある
タイマーの音にびっくりして飛び上がったり。

ということで、これが最近生み出した「夜寝る前にギターを弾いてそのまま寝て
朝起きるとギターが上手くなっている」練習方法(笑

もしかすると、こんなの常識かもしれないんだけど、自分としては
大発見!!だったのでちょっと書いてみた。

問題点と言えば、この状況を作るのにちょっと努力が必要。
そして、上達するのが続くのかまだわからないというところか・・・

とりあえず、上達してるかどうか師匠に聞いてみるか。
ぜんぜんダメだったら、このエントリのことは忘れてください。つーか、さくっと消すわ。


2011-11-03(木)

アタマはカラッポ

カテゴリー: - BlueMoon @ 20:38:54

書きかけシリーズ第2段。
8/22に書きはじめたまま放置されてたのを発掘。

ちょっと考えたことをつらつらと。

ギターの練習をしている時に、何を考えているかという話がこの前あって
その言葉をきっかけにちょっと考えてみた。

ちなみに練習する時は他の事をやりながら、ということはない。
テレビを見ながらやってみたことはあるけど、全然練習にならないのでやめた。
あ、タイマー代わりに洗濯機をまわすことはあるか。

自分で言うのも何だが、かなりの集中力なんではないかと思う。
休みの日は、起きてそのままギターを持って気が付いたら数時間ということもある。

そういう時は、ギターが弾きたくて弾きたくてしょーがないのだ。
前の日にひっかかっていたところというか、自分の中にある音と弾いている音が
重なっていないところをなんとかしたくて弾く。

カッコよく言うと高みに上るという感じだろうか。

同じフレーズを壊れたレコード(そろそろこの言い方通じなくなるのかな)みたいに
100回・・・は言いすぎか、でも繰り返し繰り返し弾く。

先生からは弾きたいときは弾いていいんだよ

と、ここまで書いてあった。ので、ちょっと続き。

先生からは弾きたいときは弾いていいんだよと言われているので、気の済むまで弾く。
あ、手が痛くなったらやめてますよ、最近は(笑

で、そういう時に何を考えているかというと、何も考えてません。
とにかく耳に音に集中してるので、アタマはカラッポなんだろうな。
まあ、なにか考えるほど余裕が無いという話もありますが。

そういえば、この後だったかな、新しい練習方法を発見したんだった。
その話はまた今度書こうかな。


先生、ありがとう!

カテゴリー: - BlueMoon @ 20:22:49

8/21に書きはじめたまま放置されてたのを発掘。

よく、いいプレーヤーだからと言って、いいコーチになれるとは限らないという
話があるが、うちの先生の場合、みごとに両立している。

自分はギターをはじめて一年で、まだまだ何にもわかってないし
こんなことを書くとあたりめーだろ、ふざけんな!と
言われるかもしれないけど、あくまで自分の感想ということで。

先生がどんなにスゴイギタリストかということは、いまさらなので書きません。

レッスンに通うことを決めた後に、先生がギターを弾いている映像を見たのだが
正直、冷や汗かいた。ヤバいと思った。
ああ、おいらやっちまったよ。ギターを握ったこともないのに、この人に教わろうなんて
身の程知らずでホントごめんなさいと思った。

それなりに長く生きているが、ギターに関しては知識まったくゼロ。
10年以上前に酔っぱらいのノリでなぜかその辺でミニギターを
買ったのはいいけど、おそらく一度も弾いてない。
あのコはそのまま天袋にそっとしまわれていて、去年久しぶりにお日様みたわけだ。
ホント、なんで買ったんだろね。

なんとなく記憶をたどると、飲んでて音楽の話になって、ギター弾けたら
カッコイイ!ギターやってみちゃう?的なノリになったんだと思う。

そのノリで楽器屋さん行って、普通のギターはあのうちに置く場所ないよなー
つか、弾けねーだろなー。ん?ちっちゃいのもあるんだ。しかもコイツかわいい!って
思って買った気がする。

まさか、それが数年後に先生にいいギターだねーなんて言われるなんて夢にも
思ってなかったね。

いまググってみたところ、ミュージックワダさんだな。
その節はお世話になりました。

レッスンに行くことを決めた時に知っていたことと言えば、ギターには種類があるらしい。
サイズがちっちゃいのもある(うちにあったので)。以上(^^;

先生の何がスゴイって、弾いてるのを見ていて、なんでうまく弾けてないのか
どうすればできるのかというポイントを的確に言ってくれるところである。
しかも具体的に。

さらに、言われたとおりにすると弾けるようになってくるのだ。これがまたすごい。

子供のころ、兄弟に遊びでピアノを教えていて、言った通りにできなくて腹たって
教則本でヤツの頭を殴ったことがあるおいらにしてみれば、驚愕である。

ちなみに、その後兄弟の方がどんどこうまくなってあっというまにぶち抜かれたのも
いまとなってはいい思い出だ(笑

ピアノでも、鍵盤に指を置くときの形で、たまごのかたちというのがあるが
あれを、てをまるくしろとか言われてもわからないが、手の中にたまごが
入っていると思ってかたちをつくれと言われると、こんな感じかなーとやることができる。

ギターのことは何もわからないので、何でも聞く。
先生にしてみれば、そんなこともしらねーのかよ!と叫びたくなることもあるかもしれないが
何でもちゃんとマジメに答えてくれる。
しかもてきとーなコトは言わない。もしちょっとでも疑問があったら確認して返事しますと
言ってくれる。

と、ここまで書いてあった。ので、ちょっと続き。
これを書いた後に、この先生は本当にマジメなんだなーと思うことがまたあった。

周りのヤツらに、続くのか?とか、どうせすぐ飽きるからすぐにいろいろ機材とか
買っちゃいけませんとか言われていたおいらですが、きっとこの先生だから
続いてるんだろーなーと思ったりする今日この頃です。先生に心からの感謝を。


22 queries. 0.042 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

- Once in a BlueMoon - カテゴリ一覧
WordPress 月別過去ログ
 
Powered by XOOPS Cube 2.1© 2001-2006 The XOOPS Cube Project :: FI Theme :: THEME4U