true colors
- beautiful, like a rainbow -
menu
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

2012-10-27(土)

残されるもの去っていくもの

カテゴリー: - BlueMoon @ 23:06:15

その電車はひどく混んでいて、気がつくとポケットからヘッドフォンを取り出すことさえ
できなくなっていた。

もともと音楽を聞く気分じゃない。
そう考えて目をつぶり揺られながらとりとめのない思考の流れに身を任せる。

このごろずいぶんといろんな物を片付けた。

長い間預かったままだったPC、未使用のたくさんのグラス、ほとんど袖を通してないジャケット。
忘れ去られている本、しまわれたままのCD。

それらをあるべき場所に戻したり、次の主人を探す作業。

やっている最中にふと、これって形見分けみたいだなと思って一人で笑った。

形見分け。父の事を考える。

父は病気になり、手術をしたが死んでしまった。

父が死んでしまったことはもちろん悲しいことで、そのことは随分と私の中に
大きな波紋を作った。

ただそこから少し離れてみると、彼の死に方はなるほど人が羨む要素があるなと思う。

人は誰でもいつかは死ぬ。そんなことは分かっているが、その準備をしているかと言えば
日々の生活に追われてやっていないのが現実だろう。

例えば保険証書。例えば銀行の口座。

いま私が死んだとしたら、残された家族は家探しをする他ない。

父はいろいろなことを自分で済ませていた。
例えば会員登録の解約。例えば身の回りの整理。

そして遺書を残していた。

ただ、その日付は随分と前のもので、これを書いたのでもう良いと思ったのか
気が変わったところもあったが書き直す体力がなかったのか。

父のように死んでいけたらいいな。

気が付くと降りるはずだった駅を過ぎていた。
このままどこまでも行ってしまおうか。でもきっと降りて引き返すのだろう。
そんなことを思いながら、窓の外を通り過ぎていく自分が歩いているはずだった
プラットフォームを静かに眺める。


2012-10-22(月)

上を目指せ

カテゴリー: - BlueMoon @ 00:22:08

「なんかもう疲れちゃったよ」

そういいながらヤツはビールをごくごく飲んだ。

「なんかあったのか?」
「いや、何もない。ていうか、毎日何かなきゃいけない」

意味わかんないよ、といった俺にヤツはこう説明してくれた。

なんかさ、もういろいろ言われてめんどくさいんだよね。
俺はね、仕事がキライなわけじゃない。
でもね、毎日毎日休むことなく上を目指してがんばり続けろ
みたいなことを言われると疲れちゃうんだよね。

昔はよかったなー
俺が新入社員で入った時はさ、週休2日じゃなかったわけよ。
土曜日はさ、3時までだったんだよね。

それでさ、3時なんて中途半端じゃん?
飯食いに行って帰ってきて2時間とか何やるんだよ?って感じでさ。
みんな早く時間になんないかなーとか考えながら仕事しないで
机の上の掃除なんかしちゃってさ。
そういうのって大事なんじゃないかなーと思うんだよな。

「つまりあれか、のりしろがないってことか」
「あー、そうそうそれ。のりしろ。うん。
あ、ビールのおかわりお願いします。」

確かにそうかもしれない。いまの世の中は忙しすぎる。
グータラ社員とまではいかないけれど、もうちょっとヒマでも
いいんじゃないかな。

そう言った俺にヤツはそうだろ、そうだろといいながら
おかわりしたビールをごくごく飲む。

「そっか、おまえも大変だな。そりゃ飲まなきゃやってらんないよな」
「まあな。しかしやっぱ俺の上を目指す戦略は正しかったな」
「戦略?」
「ああ。5時ぐらいから水分とってないんだよ。
打ち合わせ中にものすごくコーヒー飲みたかったんだけどさ。
ビールのことだけ考えて乗り切った。」

「おまえ、打ち合わせ中に何考えてんだよ。」
「決まってるじゃん。毎日うまいビールを飲むという上を目指す戦略。
あ、ビールのおかわりお願いします」

ぜんぜんのりしろあるじゃねーかよ!
そう言って俺もグラスを空にすると負けずに言った。
「ビールのおかわりお願いします!」


2012-10-12(金)

いい夢製造目覚まし時計

カテゴリー: - BlueMoon @ 00:13:41

「昨日夢の中で小学校の先生になってたよ」

テレビの前に敷いた布団に寝ころんで僕は笑いながら言った。

「へー、ちゃんとできてた?」
彼女も笑いながら答える。

「それがさ、地震が起きたちょっと後ぐらいの時だったみたいで
先生方で集まってこれからどうしようって難しい顔で相談してた。
だから子供たちの相手はしてないんだよね」

「それって、いまそんな感じの仕事してるから夢にみたんじゃないの?」

「やっぱりそうかなあ。それに昨日ランドセルのCMみてA4サイズ対応を
謳ってるのってなんでだろうって思ったんだよね」

あいかわらず直結で夢にみるねえと彼女はひとしきり笑った後
それじゃ、と言ってオレンジ色の目覚まし時計を持ってきた。
両手で持って文字盤を僕に向けて、えへんという感じで喋り出す。

この目覚まし時計はいい夢が見られる目覚まし時計です。
さらにいい夢が見られるように私がセットしてあげます。

「じゃあ、7時でお願いします」
「はい、それでは7時にセットします。良い夢を」

セットしてもらった目覚まし時計をありがたく両手で受け取って
枕元に置いて布団にもぐる。

あれ、寝るときこっち側でいいんだっけ?
そろそろ二人で寝られるベッドが欲しいな。
でもこの部屋に置いたらいっぱいになっちゃうかな。

となりで本を読んでいる彼女に心のなかで感謝しつつ
そんなことを考えながら僕はゆっくりと眠りにつく。


2012-10-07(日)

ウクレリスト

カテゴリー: - BlueMoon @ 16:26:10

「ただいまー」
そう言ってドアを開けると返事はなく、奥の部屋から微かに音が聞こえてくる。
ああ、ギター弾いてるんだな。
邪魔しないように、そのまま着替えに行く。

ビートルズか、いいねえなんてふんふん歌っているうちに気が付いた。
なんかいつもと音が違う。
そう思ってそうっとのぞきに行く。

見ると彼女はウクレレを弾いていた。

「あれ?ウクレレ弾けるの?」
びっくりして思わず声をかけてしまった僕に気がついた彼女は
「あ、おかえりー。うん、ギター弾けると弾けるんじゃない?」

そう答えた後、ニヤッとしながら言った。
「ギタリストだけどウクレレは弾けないと思ってた?」

「う、うん。思ってた」
さてはアレを読んだな?

もしかしてそれでこっそり練習したとか。
でもその割には上手いな。

「でも、いままで弾いてるの見たことなかったからさ。」
そうちょっと反撃してみる。

「そうだったっけー。なんか聴きたい?リクエスト受け付けまーす」
彼女は軽くかわしてにっこり笑った。

「お、ライブハウス貸切?んじゃ、差し入れしよっかなー」
彼女の言葉に僕も乗って、ビールを取りに冷蔵庫に向かった。


Xperia SX と iPhone5

カテゴリー: - BlueMoon @ 00:22:43

最近書いてなかったガジェットネタ。

Xperia SXとiPhone5を手に入れました。

Xperiaはどうしても欲しかったので、予約して当日もダッシュ。
F-12Cとは1年未満の交際期間でした。合掌(-人-

今回のXperia、ものすごくいいです。
わが買い物に一片の悔いなし!とぺりあたんを掲げて叫びたいほど(笑

世間ではワンセグのアンテナが外付けとか防水じゃないとか言われてますが
使わないのでまったく関係なし。

何がいいってこのサイズ!軽さ!
電池の持ちは非常に不安でしたが、アプリを入れることで解決。

それと同時にAndroidのRSSリーダアプリが改善されたことが
ものすごい重要です。
いくらハードがよくてもソフトがダメじゃ意味ないもんね。

そういう意味では純性のGoogle Readerのバージョンアップっぷりは
すばらしい。もう他のアプリいらなくなりました。

翻ってiPhone5。
リークでまくりだったせいか、もうおなかいっぱいだおな感じだったけど
やっぱり購入。

うーん、サイズ的には4/4sの方が好きかも。
まだアプリが対応しきってないのもあるだろうけど、個人的には残念ながら
前のサイズがベスト。

ただ通信は早くなりました。LTEばんざい!

ちなみに同僚が購入したNexsus7も見せてもらったんだけど、使い道が
思いつかない。
移動中はスマホだし、うちに帰ればiPadがあるのでたぶん使わないなー

ということで、しばらくはこのコたちと仲良く暮らします。

あ、ちなみにXperiaはSIMロックフリーにしてドコモやめたら
テザリングできなくなりましたとさ。
まだ詳しくは調べてないけど、あんまし使う予定ないからとりあえず良しとします。


「八日目の蝉」を見たよ

カテゴリー: - BlueMoon @ 00:07:09

録画してあった「八日目の蝉」を見た。

だって永作博美なのだ、見なければ。
小池栄子も好きだしな。

小池栄子はちょっとイメージが違う感じの役柄で、ああこんな感じも
おもしろいなーと思った。

そして相変わらずだが井上真央という人をはじめて知る。
出てきたときはあまりの可愛さに画面に釘付けでしたよw

その後で市川実和子がでてきて、一瞬「祝女」が頭を過る。
さらに市川実和子と市川実日子が姉妹だとはじめて知る。
そうだったのかー!

内容についてはあんまり書かないけど最後の方はもう涙ぼろぼろ(T-T

しかし暗室のシーンでは泣きながら「いや、でもそろそろ現像液からだして
ストップバスに入れた方が」とか頭の中で突っ込むもう一人の自分がw
久しぶりに現像やりたくなっちゃったよ。

それにしてもやっぱり永作博美は笑顔がかわいいなあ。
最高です(^-^)


24 queries. 0.052 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

- Once in a BlueMoon - カテゴリ一覧
WordPress 月別過去ログ
 
Powered by XOOPS Cube 2.1© 2001-2006 The XOOPS Cube Project :: FI Theme :: THEME4U