true colors
- beautiful, like a rainbow -
menu
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

2011-12-11(日)

コンピューターおばあちゃん

カテゴリー: - BlueMoon @ 09:56:47

小さな田舎の駅。
みんなで電車を待っているが一向に来ない。

天気もいいので、電車の様子を聞きに行った上司をほったらかして
のんびりとホームのベンチに座っているとおばあちゃんがやってきた。

座るところはたくさんあるけど、なんとなく目で追っていた。

少し離れたところに座ると、おばあちゃんはスケッチブックと
タブレットとスタイラスを取り出した。

すごいなと思いながら見ていたら、彼女はスケッチブックをみながら
タブレットにポスターの下書きのようなものをどんどん書いていく。

ものすごく気になるのだが、距離があってよく見えない。

隣にいた同僚が、見てくればという。
近づいて話しかけようか迷っていると、彼女の携帯が鳴り誰かと
英語で話しはじめる。

何者なんだ、このおばあちゃんと思って見ていると、彼女の向こうから
ピエロのお面のようなものをかぶった人がすたすたと歩いてきて
自分に大判の一冊の本のようなものを渡してくれる。

それがあまりにも自然だったので、反射的に受け取ってしまい中を開く。

それは作品集で、いろいろなポスターやその制作に関しての作者の
メモが集められたものだった。

あ、このポスター見たことある。こっちもある。と思って目の前のピエロを
見上げるとその人はお面をとって木釘工房で作ったものですよという。

名前を聞いて思い出す。
その工房は一時期よく通っていた劇団の名前だった。

懐かしさに夢中でページをめくっているうちに、上司がやってきて
後一時間は電車はこないらしい。今のうちにやれることをやっておくから
ついてこいと言われ、携帯と財布だけつかんで後を追う。

気がつくとおばあちゃんとピエロはいなくなっていた。


TrackBacks

このコメントのRSS

TrackBack URL : http://dxxp.com/modules/wordpress/wp-trackback.php/264

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメント

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。

17 queries. 0.034 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

- Once in a BlueMoon - カテゴリ一覧
WordPress 月別過去ログ
 
Powered by XOOPS Cube 2.1© 2001-2006 The XOOPS Cube Project :: FI Theme :: THEME4U