true colors
- beautiful, like a rainbow -
menu
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

2012-10-27(土)

残されるもの去っていくもの

カテゴリー: - BlueMoon @ 23:06:15

その電車はひどく混んでいて、気がつくとポケットからヘッドフォンを取り出すことさえ
できなくなっていた。

もともと音楽を聞く気分じゃない。
そう考えて目をつぶり揺られながらとりとめのない思考の流れに身を任せる。

このごろずいぶんといろんな物を片付けた。

長い間預かったままだったPC、未使用のたくさんのグラス、ほとんど袖を通してないジャケット。
忘れ去られている本、しまわれたままのCD。

それらをあるべき場所に戻したり、次の主人を探す作業。

やっている最中にふと、これって形見分けみたいだなと思って一人で笑った。

形見分け。父の事を考える。

父は病気になり、手術をしたが死んでしまった。

父が死んでしまったことはもちろん悲しいことで、そのことは随分と私の中に
大きな波紋を作った。

ただそこから少し離れてみると、彼の死に方はなるほど人が羨む要素があるなと思う。

人は誰でもいつかは死ぬ。そんなことは分かっているが、その準備をしているかと言えば
日々の生活に追われてやっていないのが現実だろう。

例えば保険証書。例えば銀行の口座。

いま私が死んだとしたら、残された家族は家探しをする他ない。

父はいろいろなことを自分で済ませていた。
例えば会員登録の解約。例えば身の回りの整理。

そして遺書を残していた。

ただ、その日付は随分と前のもので、これを書いたのでもう良いと思ったのか
気が変わったところもあったが書き直す体力がなかったのか。

父のように死んでいけたらいいな。

気が付くと降りるはずだった駅を過ぎていた。
このままどこまでも行ってしまおうか。でもきっと降りて引き返すのだろう。
そんなことを思いながら、窓の外を通り過ぎていく自分が歩いているはずだった
プラットフォームを静かに眺める。


TrackBacks

このコメントのRSS

TrackBack URL : http://dxxp.com/modules/wordpress/wp-trackback.php/293

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメント

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。

17 queries. 0.030 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

- Once in a BlueMoon - カテゴリ一覧
WordPress 月別過去ログ
 
Powered by XOOPS Cube 2.1© 2001-2006 The XOOPS Cube Project :: FI Theme :: THEME4U