true colors
- beautiful, like a rainbow -
menu
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

2013-09-16(月)

本屋 彼女の場合

カテゴリー: - BlueMoon @ 18:28:53

気がつくと音が戻ってくるところだった。

耳に詰まっていた水が流れ出た時のようなその感覚。

本屋で、私は本当に何気なく手に取った本をぱらぱら
見ているうちにその本と自分だけの世界にいた。
時間にすればおそらく5分。

自分がきちんと呼吸していることを確認して
そっと本を戻して少しだけ急ぎ足で店を出る。
歩きながら何が起こったのかを考える。

本の内容にのめり込んでいたのか。
その本は小説で、作者の名前にも馴染みはなかった。
OLとその先輩のランチタイムの話。

最近は読んでなかったタイプの本だというところまで
考えたところで腑に落ちた。

何かに追われるように本を読んでいた。
何かを学ばなければと思っていた。
向上、改革、進歩、そんなようなもの。

救いを求めていたのだな、と思う。

そんな時に何気なく手に取った本に純粋に引きこまれた。

歩く速度を緩める。
明日、あの本を買おう。


TrackBacks

このコメントのRSS

TrackBack URL : http://dxxp.com/modules/wordpress/wp-trackback.php/316

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメント

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。

17 queries. 0.024 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

- Once in a BlueMoon - カテゴリ一覧
WordPress 月別過去ログ
 
Powered by XOOPS Cube 2.1© 2001-2006 The XOOPS Cube Project :: FI Theme :: THEME4U