true colors
- beautiful, like a rainbow -
menu
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

2014-08-10(日)

You bet?

カテゴリー: - BlueMoon @ 03:10:04

ドアを開けると僕の好きなアルバムが流れていた。
ああ、彼女が来ているのかもしれない。
ちょっと顔がほころぶ。

店の奥を覗くと彼女がこちらを見て手をひらひらと振る。
ちょうど空いていた隣の席に座ってビールを頼む。
彼女はいつものようにワインを飲んでいて、久しぶりねと言った。

これが聞こえたからいるかなと思ったよ。
彼女とグラスを合わせながら答える。

このアルバムは僕が彼女の誕生日にプレゼントしたもので、彼女はとても
気に入ってくれたのか、この店に来るといつも店のスピーカーに
自分のプレーヤーをつなげて流してもらっていた。

ここに来たらやっぱりこれを聞かないと、ね。
そういって彼女はちょっとフレーズを口ずさむ。

しばらく他愛もない話をしているうちにアルバムが終わり、少し沈黙が流れた後
「実は待ってるんだ」彼女はそう言ってちらっと僕の顔を見る。

僕がきょとんとしていると、彼女は自分のプレーヤーを手にとってケーブルを抜いて
カウンターの上にそっと置いた。

また沈黙が流れて、困った僕がカウンターの中に助けを求めようとしたら
目が合ったバーテンダーが吹き出した。

つられて彼女も笑い出すと、他にも好きなCD教えてくれないかなーと思ったのと言った。

ああ、そういうこと。ごめん。
僕が謝ると、彼女はバーテンダーに向かって負けたわ、何でも飲んでと言った。

ヤツはグラスを出すと彼女のボトルからワインを注ぎ僕の顔を見て
ごちそうさまですとニヤッと笑う。

どうやら僕は二人の賭けの対象になっていたらしい。

グラスをもう一つ。

彼女はそう言って僕の目の前にもきれいな赤ワインの入ったグラスが置かれる。

「乾杯」

3人でグラスを合わせる。
ワインは悔しいけどおいしかった。


TrackBacks

このコメントのRSS

TrackBack URL : http://dxxp.com/modules/wordpress/wp-trackback.php/329

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメント

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。

17 queries. 0.025 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

- Once in a BlueMoon - カテゴリ一覧
WordPress 月別過去ログ
 
Powered by XOOPS Cube 2.1© 2001-2006 The XOOPS Cube Project :: FI Theme :: THEME4U